活動履歴

舞台『ヘルプマン』
(オフィスインベーダとの共同主催)

 

講談社イブニングで連載中の大注目介護漫画「ヘルプマン!」(著:くさか里樹)原作。

 

日本の老人介護を題材に、老人介護の過去と現在と未来を描いた作品。

全員がオーディションで受かった一般の高齢者(最高年齢78歳)

から児童(7歳)までが参加したリアル介護舞台。

「介護」の「か」の字をすら知らなかった大学生、恩田百太郎はひょんなきっかけで介護の現場へと足を踏み入れる。そこで直面する現実と理想・・。残りの人生にほんのわずかな華を添えるため立ち上がった百太郎とその周りを取り巻く人々の珠玉のヒューマンストーリー。介護の数だけ、ドラマがある。

 

 

 

ゴミスイッチ!

(NPO団体『ハロハロ』と共同主催)

 

 

朗読劇&トークショー「ゴミスイッチ!」ー私と世界をつないだ一つのバッグの物語ー

 

いつもの生活から世界を変える。

フィリピンのゴミからリサイクルバックを製作している

NPOハロハロプロダクツと共同製作したフェアトレード舞台。

世界の貿易に潜む問題を、いつもの生活でふとたちどまって、考えたり、行動したりする、そんなキッカケになることを願って作られた作品。


舞台『明日きみを食べるよ』

 

 

 

 

「いただきます」の意味を知ってますか?

 

    

 

人間が生きていくために最も必要な「食」

 

特に日本では「大量廃棄」が大きな問題になり、「食べ物= いのち」ではなく「食べ物= 物」として多くの人が認識している現状を浮き彫りにしています。

 

私たちの心も体も作ってくれる食べ物に対して、心から

 

「いただきます」= 「命をいただきます」

 

と言える人が増えてほしいと願って、本作を制作します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年11月

なるせ母校にてワークショップ開催